開催概要about

5時間リレーマラソンとは

10人以下でチームを作り、やまびこドーム周辺特設コース(1周約1.2㎞)をメンバーの協力のもとたすきリレーをし、5時間(小・中学生の部は3時間)でどれだけ周回できるかを競います。メンバーひとりひとりの走る順番や周回数は自由に設定でき、仮装などランナーの格好も自由です。
本気で周回数を競うも良し、仲間や友人との交流を深めるも良し、はたまた仮装を極めてパフォーマンス賞を狙うも良し! 家族や仲間との一体感や達成感を感じられること間違いなしのランニングイベントです。

開催日

2018年5月13日(日)

会 場

長野県松本平広域公園 信州スカイパーク内「やまびこドーム」(スタート・ゴール・受付)

コース図

やまびこドームをスタート・ゴール地点とした1周約1.2㎞です。


スケジュール(予定)

8:00
受付・試走(9:00まで)
9:20
開会式・準備運動・競技説明
10:00
5時間リレーマラソン スタート
13:00
小・中学生の部 ゴール
15:00
一般の部、ファミリー・世代混成の部 ゴール
15:30
表彰式

募集定員

300チーム

※定員となり次第、募集を締め切らせていただきます。
※募集定員は変更になる場合がございます。

競技ルール

★5時間(小・中学生の部は3時間)以内に設定コース
 約1.2kmを何周できるかを競う競技です。

部門

一般の部

高校生以上で10人以下の選手で構成
(1人~10人)

ファミリー・世代混成の部

成人および小・中学生(小学3年生以上)の年齢混成で構成(2人~10人)
※一般の部への同時エントリーはできません。

小・中学生の部

小学3年生以上の小・中学生で構成
(4人~10人)

参加資格(小学3年生以上)

自力で最低1周1,200mを走ることのできる小学3年生以上の健康な男女。ただし20歳未満の参加者は、保護者の同意が必要です。

※大会当日の受付時に承諾書の提出を求めます。

参加料

※申込の際は、参加料とは別に所定の申込手数料が発生致します。ご了承ください。

一般の部

参加料
3,000円(1人)

ファミリー・世代混成の部

参加料
2,500円(1人)

小・中学生の部

参加料
1,500円(1人)

表彰

一般の部、ファミリー・世代混成の部

各部優勝 「長野県産コシヒカリ100kg」

各部準優勝 「信州アルプス牛モモ・バラ焼肉用5kg」

各部3位 「信州アルプス牛・信州SPF豚焼肉セット3㎏」


※写真はイメージです

小・中学生の部

各部優勝 「図書カード3万円分」

各部準優勝 「図書カード2万円分」

各部3位 「図書カード1万円分」


もれなく全員に参加賞がございます。ほか、飛び賞や特別賞、パフォーマンス賞がございます。また、豪華賞品が当たる!お楽しみ抽選会、来場者全員が参加できる大抽選会を開催いたします。

注意事項

  • 参加料は如何なる場合も返金いたしません。
  • 雨天決行ですが、悪天候や天災等、状況的に競技実行が不可能と判断した場合、中止や中断をする場合があります。
  • 参加者は必ず保険証(写しでも可)を持参してください。
  • 横断幕・のぼり旗等の持込み・掲出は禁止です。
  • 自家用車でお越しの場合は、出来る限り乗り合わせでお越しください。
  • 主催者が指定する場所以外への駐車は禁止といたします。
  • 主催者は、駐車場における事故やトラブルなどの責任は一切負いません。
  • 手荷物預かり所はありませんので貴重品は各自で管理してください。主催者は盗難・紛失などの責任は一切負いません。
  • ゴミは必ず各チームでまとめてお持ち帰りください。

競技ルール

1.コース・種目

やまびこドームを起点とし、松本平広域公園敷地内を利用した1周約1,200mの特設コースを周回する。
【一般の部】1周約1,200mのコースを5時間の競技時間内周回する。
【ファミリー・世代混成の部】一般の部に準ずる
【小・中学生の部】競技時間を3時間に設定し時間内の周回数により順位を決定する。

2.選手・走者

あらかじめ申込みでエントリーした者を選手とする。原則当日の選手変更、追加は認めない。ただし、止むを得ない場合に限り大会事務局の協議を経て主催者が対応する。
事前エントリーの選手が参加できない場合は、当該選手欠員のまま参加を認めるが、欠員選手分の参加費の返還は行わない。
※[ファミリー・世代混成]は、欠員選手が出るとチーム要件を満たさない場合が生じるが、この場合は協議を経て主催が対応を決定する。
タスキを装着してコースを走行する者を走者とする。競技中コース上には各チーム走者1名のみ走行できる。ただしリレーゾーンは次の周回をする選手(次走者)が待機しタスキを受け取ることができる。

3.ゼッケン

各チームにはエントリー選手数分のゼッケンが発行される。選手は胴体前面に第三者から確実に見えるように競技終了時まで取り付ける。

4.タスキ

各チームにICチップ内蔵タスキ(以下タスキ) 1本が支給される。タスキは必ず走者が装着して走る。
競技終了後、最終走者は速やかに係員にタスキを返却する。返却の確認が取れない場合は、チームに実費請求を行うことがある。

5.リレー

やまびこドーム内に、リレーゾーンを設ける。リレーゾーンは走者と次走者のみ侵入ができる。
走者以外の選手がやむなくリレーゾーンを横断する際は、走者を妨害することなく速やかに横断する。
各チームの走者交代はこのリレーゾーン内のみで、タスキを次走者に受け渡すことで認められる。
各選手の周回数は事前に届け出る必要はない。また一度走行して退いた選手も再び走者として走行できる。

6.記録測定

リレーゾーンに時間測定ポイントを設ける。タスキに 内蔵されたICチップが通過することで周回数、経過時間を測定する。

7.スタート

種目ごとに定めたスタート地点から一斉にスタートする。スタート地点には第1走者のみ侵入可能とする。スタート地点での整列順は指定しないが、危険防止のため目標周回数上位者を前にするように運用する。

8.周回数

周回数は原則各チームにてカウントし、最終周回においてはランナーがスタートした後、制限時間を過ぎてもゴールラインまで競技を続ける。周回数は、計測テントに定時に掲示する。途中記録でも確認することができる。

9.ゴール

リレーゾーンの計測ポイントの外側延長上にゴールラインを設ける。この地点を所定の周回を終えたタスキが通過した時点が各チームのゴールタイムとなる。ゴール直前50mのゴールレーンは同チーム選手も走者と並走しゴールすることができる。

10.時間制限

スタートから5時間(小・中学生の部は3時間)を競技終了時間とし計測を終了する。周回数が同じ場合は、先に最終周回に入ったチームを上位とする。最終周回においてはランナーがスタートした後、終了時間を過ぎてもゴールラインまで競技を続ける。

11.給水

コース途中に給水所を主催者が設置する。所定の給水所以外にコース上での給水・飲食は認めない。

12.リタイア

制限時間前に競技を中止する場合は、走者が近くの走路員にその旨を申し出る。リタイアしたチームは速やかにゼッケンを外しタスキを本部に返却する。

13.ペナルティ

コースを外れる、意図的に走路を妨害する、選手登録していない者が走行するなど不正が認められた場合、当該走者に走行停止をさせ同チームを失格とする。

14.表彰

各種目上位3チームを表彰する。種目ごとの制限時間が終了後、速やかに本部付近にて表彰式行う。
当該チームは全選手表彰式に参加する。
※その他特別賞、飛び賞など設定